知識ベース - 削除したファイル復旧
ロケーション: ホームページ > 削除したファイル復旧 > クリップボードの履歴を表示して貼り付ける方法は?
カテゴリー
関連記事
  • 無料ライセンスコード付きiCare D
  • フル機能の無料のデータ復元ソフ
  • 100%無料のデータ復旧ソフトウェ
  • 推奨される優れたデータ回復ソフ
  • SDカードから削除された画像や写真
  • 無料で最高のBitwarデータリカバリ
  • 無料ダウンロードSDカード回復キー
  • パソコンの起動が遅い場合の対処
最新記事
  • ウィルス対策ソフトに誤って削除
  • ウィルスに感染されたUSBメモリか
  • 停電後パソコンから失われたデー
  • パソコンからファイルやフォルダ
  • パソコンの起動が遅い場合の対処
  • SDカードから削除された画像や写真
  • 写真をバックアップする方法およ
  • HDDの論理障害と物理障害の違いと
有用な記事
  • バックアップの有無にかかわらず
  • 削除されたChromeブックマークを復
  • Android携帯で通話履歴を回復する方
  • 最後のブレークポイントからMacデ
  • Windows10にiPhoneドライブをインスト
  • 「USBデータ復元」フォーマットで
  • データの完全削除する方法とゴミ
  • 【外付けHDDのデータ復元】よくあ

クリップボードの履歴を表示して貼り付ける方法は?


 クリップボードの履歴を表示して貼り付けの機能を使うと、過去のコピーや切り取りしたデータの一覧を表示表示します。頻繁に使用するデータは、ピン留めをしておくと便利です。履歴の消去やPCの再起動を行っても、データは保持されます。


 クリップボードの履歴を有効にするには、2つの方法があります。


[Windows]+[V]でクリップボードウィンドウを起動して設定


 キーボードから[Windows]+[V]を同時に押すと、次のクリップボードウィンドウが表示されます。


clip3.png


 クリップボードウィンドウの[有効にする]をクリックすると、コピーまたは切り取ったデータがクリップボードに保存されます。 メッセージも以下のように変わります。


clip5.png


[Windowsの設定]から


 Windowsの設定から設定する方法です。


  1.[スタート]ボタンをクリックして、[設定]をクリックします。


  2.[Windowsの設定]が表示されます。[システム]をクリックします。


clip7.png


  3.[クリップボード]をクリックします。[クリップボードの履歴]をオンにします。


  4.後で使用するために複数の項目をクリップボードに保存します。Windowsロゴキー+Vキーを押してクリップボードの履歴を表示し、その中から貼り付けます。


clip8.png


 クリップボードウィンドウを表示して有効にしていると、ここはオンになっています。


[クリップボードの履歴]の使い方


 コピーや切り取りを行うとクリップボードに、そのデータが保存されます。従来どおり、ショートカットキー[Ctrl]+[V]や右クリックのショートカットメニューから[貼り付け]を実行すると、直前にコピーしたデータが貼り付けられます。


 前にコピーしたデータを貼り付けたい場合は、[クリップボードの履歴]を表示して一覧から選択して貼り付けします。


 [クリップボードの履歴]を表示するには、キーボードから[Windows]+[V]を押します。 下へスクロールして目的のデータを探してクリックします。


 ただし、データがクリップボードとコンピューターから同時に失われた場合は、Bitwar Data Recoveryを使用してディスクパーティションからデータを復元することもできます。


 ★注:Office(WordやExcelなど)には、以前からクリップボードという機能があり、最大24個まで格納できます。ただし、Officeのクリップボードは終了させるとデータは消去されてしまいます。


Bitwar Data Recoveryで失われたデータを復元する


    ステップ 1. 失われたデータを復元するパーティションまたは磁気ドライブを選択します。


    ステップ 2. 復元モードを選択し、ターゲット復元ファイルの種類 (ドキュメントや写真など) を選択します。


    ステップ 3. 不足しているファイルをスキャンしてプレビューします。 次に、[復元] ボタンをクリックし、データを別のデバイスまたはパーティションに保存します。


4.2.jpg


クリップボードのピン留め


 クリップボードに残したいものは、ピン留めされることをお勧めします。


 頻繁に使用するデータはクリップボードのウィンドウにピン留めすることができます。クリップボード履歴を消去またはPCを再起動しても項目を保持します。


 [すべてクリア]をクリックしても、ピン留めしたデータは残りますし、パソコンを再起動しても残っているのは、嬉しいですね。


 ピン留めしたいデータの右横にある[ピン留め]のボタンをクリックします。


clip11.png


 ピン留めをクリックすると、ボタンは以下の画像のように下向きになります。


clip12.png


クリップボードのデータのクリア


 クリップボードに保存されたデータは、個別に、または一度にまとめて削除できます。


 削除したいデータの右上にある[×](削除)ボタンをクリックします。ピン留めしたものでも、そのまま削除できます。クリップボードの履歴からすべてのデータを削除したい場合は、クリップボードウィンドウの右上にある[すべてクリア]をクリックします。


 [Windowsの設定]の[システム]から[クリップボード]を表示します。[クリップボードのデータをクリア]にある[クリア]ボタンをクリックします。[すべてクリア]をクリックしても、[ピン留め]したデータはクリップボードに残ります。


clip13.png


 クリップボードの履歴が有効になっているとき、ピン留めを使用することで、お気に入りの項目をいつでも保持することができます。クリップボードの履歴の消去やPCの再起動を行っても、この項目は保持されます。


clip15.png




Bitwar Data Recovery for WindowsBitwar Data Recovery for Mac