知識 - USB復元
位置: ホーム > USB復元 > USBストレージで「このディスクは書き込み保護されています」を解決策
知識の分類
関連する知識
新しい知識
  • 失われたパーティションを復元し
  • 誤って削除したコンピューターフ
  • ゴミ箱から空になったファイルを
  • データが完全に削除してしまった
  • 削除したデータをゴミ箱から復元
  • Windowsでフォーマットされたハード
  • ビデオカメラのSDカードからデータ
  • 読み込めないSDカードから失われた
基本常識
  • Ctrl + Zのために失われたファイルを
  • Seagate外付けハードディスクライト
  • シリアル番号付きのAny Data Recover
  • Androidから削除されたビデオを復元
  • フル機能の無料のデータ復元ソフ
  • ごみ箱データ復元ソフトウェア|ご
  • Mac用の5つの最高のデータ復元ソフ
  • 削除されたファイルはどこにあり

USBストレージで「このディスクは書き込み保護されています」を解決策


    今日、USBメモリにデータを書き込むと、データの半分しか書き込まれず、「このディスクは書き込み禁止になっています」という警告ウィンドウが突然表示され、フォーマットも失敗しました。また、ディスク上のデータを編集、コピー、およびカットすることはできません。何が起こっているのですか?USBメモリの「このディスクは書き込み禁止になっています」を解決する方法はありますか?


    上記は、書き込み保護されたUSBメモリ関するユーザーからの質問です。実際、このプロンプトのほとんどは、一部のUSBメモリの書き込み保護スイッチがオンになっていて、ディスクが書き込み保護されていることが原因です。現時点では、この書き込み禁止保護をオフにすることができます。


Bitwar Data Recovery for WindowsBitwar Data Recovery for Mac

USBメモリの書き込み禁止スイッチをオフにする方法


    多くのUSBメモリには書き込み禁止スイッチがあります。このスイッチがオンの場合、USBストレージはデータの読み取りのみが可能で、データの書き込みはできません。一般的に、USBメモリが書き込み禁止になっている場合は、まずこの書き込み禁止ボタンをチェックします。ボタンが「Lock」ラベルと同じ方向にある場合、スイッチを反対方向に回す限り、USBメモリの書き込み禁止機能を削除できます。


レジストリエディターで書き込み保護をオフにする


    USBメモリの書き込み保護スイッチがオンになっていることが原因ではない場合は、Windowsで書き込み保護が設定されているかどうかを確認できます。次に、「レジストリエディタ」で書き込み保護を削除する必要があります。


    ①レジストリエディタを起動するには、下図のように、Windowsのスタートメニューから「ファイル名を指定して実行」をクリックして、 「 regedit 」 と入力し、OKボタンを押します。


    ②「コンピュータ」→HKEY_LOCAL_MACHINE→SYSTEM→CurrentControlSet→Control→StorageDevicePoliciesを選択します。 WriteProtectキーの値を見つけて、WriteProtectをダブルクリックし、その値を1から0に変更して、確認ボタンをクリックします。


    ③変更が完了したら、レジストリエディターを閉じてコンピューターを再起動します。 USBメモリをコンピュータに再度接続すると、書き込み禁止保護が解除されていることがわかります。


ウイルスをチェックし、コンピュータが老化しているかどうかを確認


    上記の2つの方法が機能しない場合は、ウイルスをチェックし、コンピュータが老化しているかどうかを確認する必要があります。インターネット上で人気のあったCardkトロイの木馬ウイルスとWannaCryウイルスには、書き込み禁止保護を有効にしているような錯覚があるからです。現時点では、このような状況を防ぎ、ウイルスが他のデバイスに感染するのを防ぐために、USBをフォーマットし、Bitwar Data Recoveryデータ復元ソフトウェアを使用して、USBメモリに保存されているデータをできるだけ早く復元してください。


時間内にUSBメモリ上のデータを復元する


    いずれにしても、ストレージデバイスを修復するためには、データ回復を最優先にする必要があります。そうしないと、USBメモリを最初に修復する場合、USBメモリに保存されている重要なデータが直接損傷または上書きされる可能性があります。


データを回元するためにBitwar Data recovery無料のデータ復元ソフトウェアを使用する方法?


    ここで、ここをクリックしてBitwar Data Recoveryを無料でダウンロードし、コンピューターにインストールします。データを復元したいUSBメモリにファイルを保存しないように注意してください。


Bitwar Data Recovery for WindowsBitwar Data Recovery for Mac


    ステップ1:データを復元するUSBストレージがコンピューターに接続されていることを確認します。インストールされているBitwar Data Recoveryソフトウェアを起動し、コンピューターに接続されているUSBメモリを選択して、[次へ]をクリックします。



    ステップ2:以前にUSBメモリがフォーマットされている場合は、「初期化したファイルの復元」を選択します。フォーマットされていない場合は、「クイックスキャン」を選択して「次へ」をクリックしてください。


    注:クイックスキャン後に必要なデータが見つからない場合は、「ディープスキャン」を使用して再試行できます。ディープスキャンは、デバイス上のすべての元のデータを検出します。 ただし、ディープスキャンに必要な時間が長すぎるため、スキャンしたデータの名前は失われますが、データサイズとデータタイプに応じて検索できます。


    ステップ3:復元するデータの種類を選択します。 次に、[スキャン]をクリックしてすぐにスキャンします。


    ステップ4:スキャン後、データ名、パス、データタイプなどに従ってデータを検索できます。 Bitwar Data Recoveryは、300種類を超えるデータのプレビューをサポートしています。データサムネイルをダブルクリックして、リカバリ前にデータをプレビューし、確認後にそれらを選択し、[復元]をクリックしてデータをコンピューターのハードドライブまたはその他のストレージデバイスに保存できます。


    注:データが復元されているUSBメモリに直接保存しないでください。


    上記のチュートリアルに従って、USBストレージから重要なデータを簡単かつ迅速に復元できます。 そうして初めて、USBストレージの修復操作を実行できます。すぐにお試しください。


Bitwar Data Recovery for WindowsBitwar Data Recovery for Mac